FICPI Blog (December 2020)

題名
Analysis of Practical Determination on Whether Parody Constitutes Infringement in the Taiwan Intellectual Property Court
出版社
International Federation of Intellectual Property Attorneys (FICPI)
著者
台湾弁護士・弁理士 黄 瑞賢
発行
2020年12月8日

テーマ:

台湾の現行商標法及び現行著作権法では、日本と同じくパロディに関する要件は明文規定されていません。この記事では台湾におけるパロディのフェアユースに関する近年の重要判例2件(Chanelのロゴをパロディ化した図案の侵害事件、及びLV Monogram Canvasパロディ事件)について詳細に解説し、これら判決がパロディのフェアユース判断に与える影響及び今後の実務指針を示しています。

全文はこちらをご参照ください。

购物车

登入

登入成功