INTA Bulletin (May 2021)

題名
Altering a Registered Trademark—Taiwan Court Clarifies Grounds for Revocation
出版社
INTA(International Trademark Association)
著者
台湾弁護士・弁理士 黄 瑞賢
発行
2021年5月

テーマ:

台湾では取消審判の事由の1つとして、「登録商標に変更又は付記をなして、同一又は類似の商品役務に使用する他人の同一又は類似の商標と類似し、関連消費者に混同誤認を生じさせるおそれがある場合」(63条1項1号)が規定されている。この記事では使用権者による登録商標の変更又は付記が本号の取消審判の対象となるか否かに関して、2019年の最高行政裁判所判例の内容及び今後の実務に与え得る影響を詳細に解説しています。

全文はこちらをご参照ください。

登入

登入成功